カードローンの金利はどうやって決まる?

カードローンの金利は上限が決まっている

まずカードローンの金利の決まり方についてご紹介する前に、カードローンの金利の上限を知っておきましょう。カードローンの金利は利息制限法という法律により、「18%以下でないといけない」と定められています。現在、利用できるカードローンの大半は10万円以上を限度額としていますので、必然的にカードローンの金利は18%以下となります。また貸付額が100万円を超えた場合について見ていきます。貸付額が100万円を超えてくる場合、利息制限法によって上限金利は15%に制限されます。これ以上高い金利で貸し付けをすることはできないというわけです。つまり、カードローンの金利の上限は15%から18%(借入れる額によって異なる)と覚えておくと良いでしょう。

カードローンの金利は限度額に応じて変わる

カードローンを比較していくと、金利は「3.5%~15.0%」など幅を持たせて説明している会社がほとんどです。そのため、「下限金利で借りたい」と思う方も居るとは思いますが、大半の貸金業者は限度額に応じて金利が変わってきます。そのため、最初のうちは貸金業者から見て利用者は信用実績が無いため、限度額も低く設定され上限金利に近い金利で貸し付けが行われます。これがカードローンの金利の決まり方です。基本的に審査で決まりますが、信用実績が無ければ金利は高めに設定されます。貸金業者に対し、徐々に返済を行い信用実績を積み重ねることができれば、上限額が引き上げられるとともに金利も低下していきます。つまり、最初のうちから下限金利で借りることはできず、信用実績を積み重ねることで限度額を引き上げ、金利を下げていく必要があるといえるでしょう。

© Copyright Internet Card Loans. All Rights Reserved.